弊社からのご連絡を受けた方へ

この度は弊社コンサルタントより突然のご連絡失礼致しました。ご多忙中、こちらのページをご覧頂きありがとうございます。
弊社が信頼できる会社なのか、現時点ではおそらくご転職の意志をお持ちでない貴方になぜこのような連絡が来たのか等、様々なご懸念があるかと存じます。

ここではお声かけさせて頂いた背景や、よく頂くご質問等を掲載いたしております。少しでも貴方の疑問や懸念が解消され、お声がけを前向きにご検討いただけるきっかけになれば幸いです。

お声がけの背景

弊社は主に外資系企業やグローバル日系企業からの人材採用の依頼を頂き、ヘッドハンティングを行っております。
お客様からご依頼を頂き優秀な人材を探しておりましたところ貴方に辿り着き、ご連絡を差し上げた次第です。
今回のお話は貴方にとって決してマイナスにはならないと思います。なぜなら変化の多い現代において、キャリアの選択肢を増やすことは将来の為のリスクヘッジになることを私達は多くの経験から確信しているからです。

今回の採用依頼を頂いた企業様が、なぜ貴方のような経歴とスキルを持った方を求めているのか、その背景をお伝えできれば幸いです。その企業は、貴方が務める企業の競合相手かも知れませんし、想像もされなかった意外な企業かも知れません。職種も現在と近い場合もあれば、ご自身では考えもしなかった職種である場合もあります。また、職務内容以外にも収入や労働環境も現職とは違ったものになるでしょう。

新たな未来の可能性とチャンスのために、グローバル企業様からのご提案と、弊社のキャリアコンサルティングを受けてみませんか? あなた長期的なキャリアの目標達成のため、弊社がサポート致します。弊社へのご連絡は完全に秘密厳守ですので、ご安心ください。

よく頂くご質問

ご連絡を受けたことについて

なぜ私に連絡があったのでしょうか?

弊社は、エグゼクティブサーチの人材紹介サービスをしており、お客様である外資系企業様からご依頼を受け、人材のスカウトや転籍の支援を行っている会社です。候補者とのお引き合わせをさせて頂いており、依頼主である企業から貴方のような優秀な方を採用したいとご要望を頂き、弊社が代理人としてお声をかけさせて頂きました。お声がけの背景だけでもお伝えできればと思います。 キャリアアップの可能性と、今度のキャリアパスについてご提案をさせて頂きたく存じますので、お気軽にご連絡ください。

今転職は考えていないので、話を聞くだけでも大丈夫ですか?

もちろん大丈夫です。貴方様同様に現職でご活躍されている方々の多くは、仕事内容、待遇、労働環境等、現職に満足されており、今すぐの転職をお考えではありません。
お話を進める中で、転職が今後のキャリアにおいてプラスになるとご納得いただくことが理想だと私達は考えております。
将来の可能性や選択肢の一つとして参考にして頂ければ幸いでございます。

私のスキルや専門知識は、他の企業でも需要があるのでしょうか

弊社からご連絡させて頂いたのなら、もちろんYesです。

あなたがご想像しないもしくは思いもよらない企業が、あなたのスキルやご経験を必要としている可能性が高いです。多くの方々がご自分の人材市場での価値をご存知ないまま転職活動をしてらっしゃいますが、弊社が転職をサポートさせて頂く方々と同様、とても貴重なご経験や専門知識を持っていらっしゃるのです。すぐに転職するつもりがなくても、10分から15分程お話し頂ければ、思いがけないキャリアアップのチャンスが見つかる大きな可能性がございます。

ヘッドハントされたということは、ライズは私の現職について詳しく知っているのでしょうか?

私達が貴方にご連絡をさせて頂いた理由は、同僚やビジネスパートナーなど仕事関係の方々、もしくはインターネットやビジネス誌などの一般情報で貴方がご紹介されたからです。確かに私達は貴方の現職や会社についてある程度は存じております。

しかしながら、ご紹介や一般情報などの間接的な情報だけでは、そのポジションに本当に適しているかどうかを判断することはとても困難です。誰かが貴方がそのポジションに適しているとお考えだとしても、本当の意味でのベストマッチだとは限らないからです。また現職の職務経験は大切ですが、それは採用案件との適性の中でほんの一要素に過ぎません。

貴方が弊社のコンサルタントと直接お話し頂ければ、短時間でも適性を確認することは可能です。企業のカルチャーや成長の規模、業務のスピード感、そして貴方の言語能力やパーソナリティー、また将来への抱負やご展望などを考慮することも、とても重要です。これらのほとんどは、実際にご本人とお話を伺わないとわからないものです。企業の採用ポジションと転職される方とのマッチングのプロセスは非常にデリケートで繊細であり、お客様の現在のご状況や現職の仕事への満足度、将来の展望などの直接的な情報が決定的に重要な要素となります。

初めにご提案させて頂くポジションがご希望に合わない可能性もございますが、お話を伺いもっと貴方のことを理解させて頂くことで、より良い新しいポジションをご提案できるかもしれません。私達は企業様の経営層との繋がりもございますので、とても素晴らしい人材に巡りあった際にはより適した新しいポジションを用意することも可能でございます。

RYZEの目標は、綿密なマッチングを事前に行い、皆様と企業の採用プロセスをより効率的にすることです。そのため弊社のコンサルタントにご相談された方は、業界標準よりも高い確率で内定を獲得されています。ご紹介した転職先で長年お仕事されることになるかも知れません。転職される方と企業の完璧なマッチングを実現し、転職後にお客様がいきいきとご活躍され、同時にキャリアパスにご満足されることを弊社は心から望んでおります。そしてお客様のご活躍により企業も益々成長し、全員が満足して成功することが、私達の切なる願いであり使命です。

ご質問やご要望がございましたら、お気軽にご連絡ください。

今回連絡のあった採用案件の企業名やポジション、給与などはすぐ教えてくれますか

弊社では多くの場合、非常に特殊な条件の機密性の高い採用案件を担当しているため、まずお客様とお話させて頂く必要がございます。その際には、そのポジションがお客様のキャリアに適していることを確認させて頂いた上で、企業名や採用ポジションを開示させて頂きます。これは特に、経営層レベルのポジションや、新規事業で採用サイトや企業サイトで企業が情報を公開したくない場合の採用案件に当てはまります。

弊社は機密性の高い採用案件を扱っているため、情報の取り扱いには細心の注意を払う必要があります。この機密保持は関係者全員のためになるものですので、ご理解を頂けますよう宜しくお願い申し上げます。

どこで私のことを知ったのですか?

ライズでは常に優秀な候補者様を探すため、候補者情報をリサーチしております。現在もしくは過去の上司、部下、同僚、取引先、友人、知人等からのご紹介を頂く場合もあります。(ご紹介の場合は、その方の明確な同意がない限り、どなたのご紹介かをお伝えすることはできませんので、何卒ご了承ください。)
ヘッドハンティングの経験豊かなコンサルタント達の独自のネットワーク、もしくはインターネットなどの公開情報から情報網のリサーチの結果、実績が卓越していると判断した方にご連絡を差し上げております。

面談について

コンサルタントとの面談はどのように行われますか?

弊社のコンサルタント1~2名がお話させていただきます。最近はオンライン会議が多いです。まず今回お声掛けさせていただいた経緯や、クライアント企業様の概要となぜ貴方のような方を求めているのかという背景等のご説明をさせて頂きます。貴方の現職やこれまでのご経験とともに今後のキャリアビジョンをお伺いした上で、転職する場合のキャリアアップの可能性とメリットやデメリットも、経験豊かなコンサルタントからお話しさせて頂きます。そして、今回オファーのあったクライアント企業に転職した場合の業務内容や社風、収入や待遇とその後のキャリアパスなど転職後のイメージがつかみやすいように様々な情報を可能性の一つとして提供させていただきます。お時間は15分から30分程度です。

コンサルタントとの面談はどこで行われますか?

貴方のご都合の良い場所までお伺い致します。近頃はオンラインでのミーティングが多いですが、面談が行われる場所としては、 ホテルのラウンジや会員制のプライベートクラブ、もしくは駅近くのカフェやレストランなどです。 また弊社オフィスの面談ルームにお越し頂くことも可能です。お客様のご都合に合わせますので、弊社コンサルタントにお申し付けください。

コンサルタントに強く転職を勧められますか?

転職強要は一切ございませんので、ご安心ください。今度のキャリアアップの可能性や現職以外での選択肢のご提案をさせて頂き、一つの可能性としてお気にとめて頂ければ幸いでございます。
お客様ご自身でベストなキャリアの選択を慎重にして頂けるよう、 適切なご情報を提供できるように努めております。
弊社は転職される方と、採用企業様との信頼関係をとても大切にしております。
双方ご納得のいく転職のサポートこそが弊社のやりがいであり、ミッションだと考えており、お客様のご意志を尊重しておりますので、ご安心下さい。

企業との面談の際、採用担当者は私のどんなところを見るのでしょうか?

最も重要なことは、あなたがそのポジションに関する仕事の経験、スキル、専門知識を持っているかどうかということです。また、採用担当者はあなたの会社やポジションに対するモチベーションや興味をどれほど持っているかを知りたいのです。そして入社後、企業の文化的な環境や労働条件に合うかどうか、あなたの人柄についても知りたいと思っています。ご希望する給与についても尋ねてくるかも知れません。

企業と面談すると、必ず採用されるのでしょうか?

必ずしもそうとは限りません。企業様は人選にとても慎重ですので、通常は数人の候補者様とご面談されています。

どの程度の英語力が必要ですか?

すべての職種で英語力が必要なわけではありません。外資系企業であっても、日本でのビジネスのほとんどは日本語で行われるからです。採用されるポジションの目的や企業により、求められる英語力は異なります。役職が上がり職務の重要性が増すほど、英語でのコミュニケーション能力が必要になります。海外の経営陣や同僚、顧客とコミュニケーションをとる必要がある場合は、英語のスキルが重要になります。外資系企業の中には、英語での研修を行っているところもありますが、その場合は英語を読んだり理解したりするだけでよい場合もあります。英語力の判断基準はTOEICではなく、面接の際に適切なコミュニケーションができるかどうかです。 

ご希望があれば日本語での面談も可能です。弊社のコンサルタントが英語の職務経歴書の作成や面接練習などもサポートさせて頂きますので、お気軽にお申し付け下さい。

サービスについて

ライズコンサルティングで紹介してもらうメリットは何ですか ?

弊社は転職される方と採用企業様との信頼関係をとても大切にしております。弊社が転職する方と企業様のベストマッチングの機会をサポートすることで、あなたに転職後に新しい職場でご活躍頂き、ご両者が満足され益々ご繁栄されていくことが我々のミッションと考えております。弊社の15年以上の実績のあるベテランコンサルタントが皆様のベストな転職に尽力しております。弊社コンサルタントが貴方のスキルや魅力を最大限に企業側にお伝えします。また代理でスケジュール調整から、契約交渉などご自身では直接採用企業にお話ししにくいことも代理で行いますので、転職にかかる余計なストレスや手間を省くことができます。
また、業界の様々な企業の人材事情も把握しておりますので、客観的な情報をご提供しできます。ご自身で転職活動をしていただく場合よりもキャリアパスの可能性を広げることができます。
コンサルタントが企業様側の環境も熟知しておりますので、転職後のギャップも少なくスムーズに新しい環境でご活躍頂けます。

自分で転職活動を行う場合と比較した利点は何ですか?

弊社で日程調整や条件交渉などを代行いたしますので、ご自身だけで行う場合よりも活動時間が短縮されます。また、コンサルタントが応募企業を熟知しているため書類選考や面接の対策を立てやすく、転職成功の可能性も高まります。

またご自身や同僚の紹介で転職活動を行う場合には、企業の採用内定を受け入れることを強く期待されがちです。企業や紹介者からの暗黙のプレッシャーや期待に義務感を感じる方も多く、無理に転職しても良い転職とはならないケースも多いです。

弊社のような第三者の紹介会社を通して転職活動する場合、無理して採用内定を引き受ける義務は全くありません。あなたにとってベストな転職ではないと判断された場合には、その旨を弊社お伝え頂ければ、特に問題ございません。

面接やレジュメのサポートはありますか ?

もちろん、お手伝いさせて頂きます。お話を伺い、候補者様のご活躍ぶりや優れた点などを最大限に相手企業様にお伝えできるよう、レジュメの添削や面接対策のサポートをさせて頂きます。それぞれの企業、役職、また初めての面談から最高責任者とのご面談まで、それぞれでアピールすべきポイントは変わってきます。弊社では長年の経験により企業の市場での立ち位置や社風、職務を熟知しておりますので、それぞれの全ての面談において企業側が求めているニーズを候補者様へお伝えし、最善のサポートを全面的に行っております。ご安心して、自信をもって面接に臨んで頂けるかと存じます。

費用はかかりますか?

一切かかりません。当社は、スカウトフィー( 採用代行費用)を採用企業様から頂戴しており、候補者の皆様に費用を負担いただくことは一切ございませんのでご安心ください。

外資系企業について

なぜ外資系企業では、キャリアップしやすいのでしょうか?

まず第一に、自分のキャリアは自分の手の中にあるということを理解することが大切です。自分がどこに行きたいのかというビジョンを持ち、それを実現するために努力するのは自分の責任です。会社が自分のためにキャリアパスを作ってくれるというのは、非常に誤解を招く恐れがあります。すべての企業は企業成長のために最善を尽くす環境であり、社員のキャリア目標の達成を優先にしているわけではありません。言い換えれば、あなたのキャリアゴールを会社に任せられる訳ではないということです。

外資系企業の昇進・昇格は成果主義です。良い結果を出せば評価されるので、成長しやすい環境です。成果主義の環境で、特に小さな会社の場合、あなたの仕事が会社に与える影響が大きくなります。様々なスキルや知識を身につけることができるので、最終的には会社に所属しているかどうかではなく、ご自分の能力に応じた大きなキャリアアップにつながります。あなたのスキルは成長し汎用性が高くなり、より価値のあるものになります。

また外資系企業では、学歴や職歴や国籍など多様なバックグラウンドを持つ人々が、快適かつ生産的かつ効率的に働くことができる環境が整っています。仕事の内容や職場の文化が国際的であるため、自然と視野が広がり、ビジネスパーソンとして成長しやすくなります。外資系企業のビジネスパーソンは、自分の目標に近い仕事をしていることが多く、自分のキャリアパスに対する目的意識がはっきりしています。有名企業であっても、自分のキャリアパスに沿った環境ではないと判断すれば、再び転職する人も少なくありません。会社の都合ではなく、自分の意思でキャリアパスを開拓することで、強い目的を持って意欲的に働くことができます。自分の人生を自分でコントロールできるという充実感と、仕事を通じて自信を持てることが、多くの人が外資系企業に惹かれる理由なのかもしれません。

日本企業から外資系企業への転職に適した時期や年齢はありますか?

外資系企業の文化やワークスタイルは、日本企業とは大きく異なります。保守的な日本企業で長年も働いている場合、転職の際には外資系企業への適応能力について問われるため、40歳前後で日本企業から外資系企業に転職するのは難しいでしょう。

日本の企業のやり方に固定されている場合、スキルや経験は素晴らしいものであっても柔軟性に欠けるかもしれません。そのため、文化的な違いを理由に採用されないこともあるでしょう。ただし進歩的で実力主義の日本企業で働いる場合は、外資系への転職の際にはあまり気にされることはないでしょう。

転職市場でご自分のスキルやご経験の価値を高めるには、様々な会社の環境でそれらを活用することが一番の近道です。戦略的なキャリアパスの形成と転職についてもっと知りたいという方は、お気軽にお問い合わせください。

現職には自信がありますが、外資系企業に転職して厳しい環境でサバイバルできるのか少し不安です。

外資系企業はスキルや経験で人を採用します。もし内定を受けたのなら、企業側はあなたの職務経験、専門知識やコミュニケーションスキル、人柄なら大丈夫だろうと判断したからです。英語力がそれ程高くない場合でも、内定を受けたのであれは職務遂行するための英語力はあると判断されたということです。専門知識や英語などの勉強が必要であれば、転職後に働きつつ実践的に学んでいけば成長も早いでしょう。もし転職後に業務に何らかの支障があるようでしたら、ご相談して頂けると幸いです。

内定後について

内定後はどのくらいの期間で内定承諾の回答をするべきですか?

1週間程度が一般的です。迅速な回答は転職先の企業でも歓迎されます。すでに入社の意思が決まっているのであれば、回答を長引かせる必要はありません。

家族へ報告するタイミングはいつがいいですか?

なぜ転職するのか、なぜその企業に入ろうと思うのかなど、転職活動の過程であなたの思いを伝えてご家族の理解と協力を得ることがとても大切です。可能であれば選考中から相談しておくことがベストです。難しいようなら遅くとも内定後速やかに相談しましょう。採用決定後に家族へ報告すると反対にあい、転職できない場合があります。内定承諾後の報告は避けたほうが無難です。

現職に引き止められ、退職できません。どのように対処すると良いでしょうか?

現職でご活躍されている優秀な方ほど引き留めが強いものです。まずそれが当然の行為だと認識して下さい。転職を決意されているのであれば、毅然とした態度で心が決まっていることを伝えると一番効果的です。

引き留めのために、魅力的なカウンターオファー(昇進、給与の増額、仕事内容などの条件変更)を提案される場合もあります。しかし一度退職の意思を上司の方に伝えると現職には長く留まる意思がないと判断されます。 忠誠を裏切られたと感じる上司もいるので、会社との信頼関係は変化します。残念ながら、現職に留まっても実際にはカウンターオファーの提案が実現しないケースが多々あります。実際にカウンターオファーを受け入れた人の70〜80%は、一年以内に退職、もしくは離職しています。理由としては、カウンターオファーが実現されないケース多く、実現した場合でも一旦辞意を示したことによる会社との関係性の変化が原因です。また引き留めていた上司自身が、後ほど転職するというケースも時折ございます。

転職に関して保守的な企業の場合、周囲から嫉妬で嫌がらせを受けることもあります。結果的に転職をしなかったことを後悔され、コンサルタントに再度ご相談する方々もおられます。 転職されるご意思がおありなら、引き留めがあっても転職への決意を毅然とした態度で伝えるのが一番効果的で、その後の現職とのご関係も良好な方が多いです。退職は会社に退職の許可をもらうものではなく、あなたの意思を伝えるものです。企業は一番利益を上げる方策を取りますが、各社員のベストなキャリアパスを考えてくれたり、社員の人生に責任を取る訳ではありません。

あなたの未来を決めるのは、会社ではなくあなたご自身です。ご自分にとってベストな道を選択しましょう。

その他のご質問について

海外勤務の募集はありますか?

現在募集している案件は、ほとんどが日本国内での仕事です。ただし一部には日本国外の市場を担当するポジションもありますが、その場合でも日本の市場が主なビジネスの対象となります。当社のクライアントは通常、新たに採用した社員の海外転勤にはあまり興味を示しません。また特に現在のコロナ禍の状況下では、海外でのポジションの数は激減しています。日本で採用された場合、数年後に海外勤務に昇格する可能性はゼロではありませんが可能性は低いと思われます。海外勤務をご希望の場合には、直接海外募集のポジションに応募されることをお勧め致します。

海外在住ですが、登録はできますか?

ご登録頂けます。まずオンラインミーテイングまたはお電話にてご経験やご希望をお伺い致します。クライアントとはオンラインでミーティングして頂き、もし採用が決まれば帰国後すぐに日本での新しい職場でご活躍いただくことも可能です。帰国せずに海外にいたままでの転職サポートを弊社が全力をもってサポート致します。

個人情報は適正に扱ってもらえるのでしょうか?

個人情報の取扱いにつきまして、適切な保持・運用および継続的な改善に取り組んでおります。
今回のお話しは企業の機密情報として扱われますので、ご安心してご利用ください。